コンビニに歴史あり(1)セブン-イレブンのルーツは氷屋さんだった?

これはアメリカのとある氷屋さんと一人のお客さんが、世界を変えてしまったノンフィクションの物語です。 アメリカのテキサス生まれ  物語は1927年のアメリカ、テキサス州オーククリフから始まります。ある日、この地に一軒の「氷屋さん」がオープンしました。当時はまだ電気冷蔵庫が普及しておらず、氷は必需品だったのです。この氷屋さんはサービス精神が旺盛で、お客さんのために毎日16時間お店を営業しました。氷屋さんは地元の人々に愛され、次第に人気店となってゆきました。 世界を変えたお客さん  ある日この氷屋さんに、お客さんが言いました。「卵とか牛乳も取り扱ってくれると嬉しいのだけれど・・・」との注文でした。サービス精神旺盛な氷屋さんはそれを実行し、氷以外にも日用品販売も始めました。これが「コンビニエンスストア」の原型となったのです。 セブン-イレブン誕生  その後も順調に事業展開を続けた氷屋さんは、いつしか大企業へと成長していました。オープンから約20年後の1946年、「朝の7時から夜の11時まで毎日営業」のチェーン店として「セブン-イレブン」と社名を変更しました。コンビニの王様「セブン―イレブン」の誕生です。おなじみのロゴマークもこの時考案された図案がもとになりました。 日本にも上陸  1974年には東京都江東区豊洲に日本の第一号店がオープンしました。日本人も大好きな「セブン-イレブン」が誕生したのです。アメリカの氷屋さんは、世界最大のチェーン数を誇る世界的大企業となったのです。(コンビニウォッチ!編集部) セブン-イレブン [ 2013年3月26日掲載 ] ※ご紹介している情報は記事掲載日現在のものです。コンビニの商品やサービスは、売れ行きや地域などによって変更になる場合があります。最新の情報はコンビニ各社の公式サイトでご確認ください。