TOP / スイーツ / ミドリムシは未来の食材!?ファミマがユーグレナ入りスイーツ「抹茶スフレ」を新発売!

2 ミドリムシは未来の食材!?ファミマがユーグレナ入りスイーツ「抹茶スフレ」を新発売!

ファミリーマート
地球温暖化とか食料危機とか、マクロで見ると地球の未来は悲観的な話題が多いのですが、未来を明るく照らしてくれる意外なムシがいるのです!

未来食材“ユーグレナ”とは?


2014年11月18日(火)、ファミリーマートから聞きなれない成分の入ったオリジナル商品が新発売されました。それは「抹茶スフレ(ユーグレナ入り)」260円(税込280円 ※沖縄県を除く)。抹茶系スイーツというのは、コンビニスイーツの中でも大人女子から常に一定の支持がある商品なので「あ、いいね!」と思うのですが、ちょっとわからないのは「(ユーグレナ入り)」というところ。なんでも「話題の未来食材“石垣産ユーグレナ”を使用した新作スイーツ!」というふれこみなのです。んっ、“ユーグレナ”とは一体ナニ!? ということで調べてみました。

えっ! ミドリムシって食べられるの?


実は“ユーグレナ”とは、一般に言う「ミドリムシ」(和名)のことです。「ミドリムシって小学校の理科の時間に習った、あの池とか沼にいる微生物のこと!?」「大丈夫なの!? 食べれるの!?」と驚く人も多いかと思います。しかし、実は今、このミドリムシがいろんな意味で熱い注目を集めているのです。「どんなムシだったっけ?」と忘れてしまった人のため、もう一度復習しておきましょう!

ミドリムシは体長0.1ミリ以下の単細胞生物です。ムシとはいっても生物学的には植物と動物の中間的な存在で、ワカメや昆布と同じ藻の一種。細胞内に葉緑体を持ち、CO2を取り込んで光合成を行い、栄養分を体内に蓄えるだけではなく、動物のように細胞を変形させたり、突き出た鞭毛(べんもう)を動かして自ら移動することもできる、かなりユニークなヤツでしたよね?(思い出しましたか~?) 顕微鏡をのぞいて「なんか怪獣みたいだなwww」と思った人もいるのではないでしょうか!?

それでこのミドリムシこと“ユーグレナ”、実は栄養が豊富なのです。動物と植物両方の特徴を持つため、野菜や魚などに含まれるビタミン、ミネラル、アミノ酸、不飽和脂肪酸など59種類もの栄養素が含まれていて、日々の食生活では足りない栄養素を補うことができるのです。さらに通常野菜を食べる時には植物特有の細胞壁が邪魔をして、なかなか効率良く栄養素を消化できないのですが、細胞壁がない肉や魚と同じ性質を持つユーグレナはとても効率良く栄養素を消化吸収できるのです。以下が、そのユーグレナに含まれている栄養素です。

【ユーグレナの持つ59種類の栄養素】
ビタミン類 α-カロテン、β-カロテン、ビタミン B1、ビタミン B2、ビタミン B6、ビタミンB12、ビタミン C、ビタミン D、ビタミン E、ビタミン K1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸ミネラル類 マンガン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウムアミノ酸類 バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、チロシン、トリプトファン、グリシン、セリン、シスチン不飽和脂肪酸 DHA、EPA、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、エイコサジエン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸、ジホモγ-リノレン酸
その他:パラミロン(β-グルカン)、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシン

この利用価値の高いミドリムシに目を付け、世界で初めてユーグレナの屋外大量培養技術の開発に成功したのが東京大学発のベンチャー企業、株式会社ユーグレナです。そして、豊かな自然条件の揃った沖縄県・石垣島に生産拠点「ユーグレナ・ファーム」を設け、石垣産ユーグレナを使った様々な商品を開発しているのです。実はファミリーマートがこのユーグレナ入りの商品を発売するのは今回が初めてではなく、すでに今年9月にもパン、デザート、ドリンクなど8種類を発売しています。前回の発売が女性客を中心に好評だったことから、今回はより気軽にユーグレナを摂れる商品として「抹茶スフレ」を開発したとのこと。石臼挽き宇治抹茶を使用したしっとりとした食感の抹茶スフレで、ユーグレナを一食あたり200mg使用しているそうです。

健康だけでなく地球も救う!? ミドリムシのパワー


このように健康に効くユーグレナを活用した商品は、ファミリーマート以外にも様々な機能性食品や化粧品等として開発・販売されています。しかし、もっとすごい構想が株式会社ユーグレナにはあるといいます。それはミドリムシを使って、水質浄化やバイオ燃料の生産を行っていくというもの。その取り組みは日本の未来だけでなく、地球を救うことにもなるかもしれないという壮大な構想なのです!

どういうことかというと、思い出してみてください。ミドリムシは植物みたいに光合成を行う「二酸化炭素を食べる虫」でしたよね。つまり、地球温暖化をもたらす深刻な原因である二酸化炭素(CO2)を減らすことができるわけです。CO2をたっぷり含んでいるような排ガスを出す火力発電所や製鉄所などに付帯設備としてミドリムシの培養槽を持ち込めば、温暖化を防ぐことができるということなのです。現在日本では原子力発電所の再稼働の見通しが立たず、当面は火力発電に依存せざるを得ない状況です。原発は怖いし、火力発電もCO2排出量が気がかりだし…、といったいろいろ困った問題をミドリムシなら一石二鳥に解決できるのです。

それだけではありません。このミドリムシ培養装置を使って超高効率の培養プラントが作れれば、ジェット燃料へも転換できるということです。バイオ燃料では、すでにサトウキビやトウモロコシなど他の植物由来のものもあります。しかし、ミドリムシのすごいところは、その収量を格段に大きくできるというところ。普通の植物は通常の何倍もの濃度のCO2にさらすと、かえって成長が阻害されてしまうのですが、ミドリムシの場合は水中に大量のCO2を送り込めば、それだけ光合成が活発化して増殖も加速していき、収量そのものも増えるのだそうです。つまり、これまで化石燃料の輸入に頼ってきた日本で、エネルギーを国産化できるかもしれないということなのです。もちろん、世界規模で展開できれば、エネルギー革命が起こるでしょう! 実際、株式会社ユーグレナではすでにミドリムシ由来のジェット燃料の開発にメドをつけ、2018年までに実用化を目指しているということです。

どうですか! ミドリムシは、私たちの体の健康だけでなく、日本や世界を、そして地球をも救う、ものすごいポテンシャルを秘めているのです! でも、いくら体や環境に良いからといって、食べ過ぎには注意してくださいね(笑)。
(コンビニウォッチ!編集部)
【抹茶スフレ(ユーグレナ入り)】
価格:260円(税込280円)

●その他ユーグレナ入り商品
【ユーグレナ入り豆乳飲料 黒糖味】
価格:119円(税込128円) ※北海道を除く

【ユーグレナ&のむヨーグルトピーチミックス】
価格:195円(税込210円)

【ユーグレナ&抹茶オレプリン】
価格:138円(税込149円) ※北海道を除く

【飲むユーグレナ】
価格:240円(税込259円) ※関東地方限定

【ユーグレナ&ヨーグルト葉酸プラス】
価格:123円(税込132円) ※沖縄県を除く

【スプーンで食べるスムージー ユーグレナ・グレープフルーツ&いちご】
価格:213円(税込230円)

【ユーグレナ はちみつ&オーツ麦のデニッシュ】
価格:100円(税込108円) ※北海道を除く

【ユーグレナ くるみ&クランベリーのパン】
価格:116円(税込125円) ※北海道を除く
[ 2014年11月18日掲載 ]
※ご紹介している情報は記事掲載日現在のものです。コンビニの商品やサービスは、売れ行きや地域などによって変更になる場合があります。最新の情報はコンビニ各社の公式サイトでご確認ください。