TOP / スイーツ / スイーツを食べてモデルになろう!? ミニストップ×ニコ☆プチがオーディション開催

2 スイーツを食べてモデルになろう!? ミニストップ×ニコ☆プチがオーディション開催

ミニストップ
甘いものを食べる時の表情は、誰でも美人顔になる!? これは審査が大変なオーディションになること間違いない予感が~!?

夢と希望のキャンペーンといえば


昔サントリーのキャンペーンで「トリスを飲んでハワイへ行こう!」というのがありました。戦後間もない1946年に発売された「トリスウイスキー」は、日本人には縁遠い存在であったウイスキーを身近なお酒として定着させ、昭和のロングセラーブランドとなりました。

1961年には山口瞳氏の名コピー「トリスを飲んでハワイへ行こう!」でキャンペーンを実施し、柳原良平氏の「アンクルトリス」のCMキャラクターとともに一世を風靡。当選すると1964年4月1日の海外旅行自由化直後のハワイへ行けるとあって、夢と希望を大きく膨らませてみんな応募したのです。まるで高度経済成長の繁栄を象徴するかのようなキャンペーンでした。

夢を見ることは才能!?


しかし現在、夢と希望を大きく膨らませることはなかなか難しい時代となってしまいました。慢性的な経済不況、格差社会、高齢化といった問題山積の日本で、夢を抱くことはある種の才能とさえ言っていいかもしれません。そうした才能を持つ代表がアイドルやモデルといった人たちなのではないでしょうか? そんな彼女たちの夢をかなえるオーディションが、ミニストップとニコ☆プチのコラボによって開催されます。その名も「ミニストップ×ニコ☆プチ スイーツモデルオーディション」!

ニコ☆プチというのは、新潮社が発行している女子小学生向けのファッション誌。中学生向けファッション誌であるnicolaの姉妹誌として2006年に創刊され、「日本のJS(女子小学生)文化を世界に発信すること」を目標に読者モデルが多数活躍する、まるで次世代のファッションリーダー養成所のような雑誌です。その誌面に登場するチャンスともなるのが今回のオーディションです。

応募資格は、小学4年生(9歳)~中学1年生(13歳)までの女の子。国籍は問わないものの日本国内在住の人で、すでに芸能事務所やモデル事務所に所属している場合は事務所の了承が必要とのこと。

応募するには、全身写真1点と、ミニストップのスイーツ商品と一緒に撮影した写真1点の合計2点を同封のうえ、プロフィールと一緒にニコ☆プチ編集部まで送付すること。専用の応募用紙がホームページからダウンロードできます。なお、一緒に写る「ミニストップのスイーツ商品」というのは、ミニストップのオリジナルブランド商品(ソフトクリーム各種、コールドパフェ各種、カップスイーツ各種など)に限るということなので、事前にホームページ等の商品情報を見てよく確認しておきましょう! 

応募した写真は、ミニストップの店頭販促物、ニコ☆プチの誌面、WEB等で使用されることがあるとのことなので、自分に合った商品を選んで買って、そのイメージを意識した衣装をコーディネートしたりすると楽しいかもです!? さしずめ「スイーツを買ってモデルになろう!」といったところでしょうか(笑)。モデルデビューできるかもしれないチャンスですから、気合を入れて撮影しましょうね!

応募締め切りは、2015年1月22日(木)必着。その後、1次審査、2次審査を経て、ニコ☆プチ2015年6月号(4月22日発売)で結果発表となります。

ミニストップとスイーツとニコ☆プチの世界観は、イメージ的にとてもよく合っている感じもしますね。次回はニコ☆プチ的なオリジナルスイーツなんかを開発してみると面白いかも!? ともあれ、どんなモデルさんが出てくるのか、楽しみに待ちたいですね!
(コンビニウォッチ!編集部)
●新潮社
ニコプチネット
[ 2014年12月26日掲載 ]
※ご紹介している情報は記事掲載日現在のものです。コンビニの商品やサービスは、売れ行きや地域などによって変更になる場合があります。最新の情報はコンビニ各社の公式サイトでご確認ください。